給料や待遇、就職には有利?

作業療法士は概ね正社員、正職員としての雇用となりますが、施設によってはパートやアルバイトといった非正規の職員として働くことも可能です。 厚生労働省によって調査された統計データによれば、平均年収はおよそ400万円、平均月額給与は約28万円、平均年間賞与は約64万円となっており、 中小企業に勤めるサラリーマンと同じぐらいと言えます。 パートやアルバイトの場合には時給が2000円前後であることが多いですが、賞与はもらえません。

初任給だけを見るならば、普通のサラリーマンよりも高い収入を得られることが多いですが、その分成長率が低いという特徴があり、 勤続年数が長くなってもなかなか給料が上がらないことに不満を抱えてしまう可能性もあります。 就職については、現在は飽和寸前といった状況となっていますが、高齢社会が到来することを考えると、今後更に需要が高まってくることが予想されます。

主な勤め先は病院やクリニック以外にも高齢者介護施設、老人保健施設、大学病院、児童病院など、幅広く選ぶことが可能です。 国家資格は独占業務となりますので、作業療法士の国家資格を持っていれば食いっぱぐれることはないと言えます。 待遇もそれなりに良い施設もあり、就職先も選べるのは大きなメリットです。

試験は難しいの?

給料や待遇、就職には有利?